アイプランニング行政書士事務所

アイプランニング行政書士事務所

チアリーダー行政書士 萩山香里 News

チア・ダンス
2021.09.03

チアユニットという形態

「チアリーダー」としての活動は1992年大学時代から。

行政書士受験中、チアリーダーとしては足を洗い?!笑 もうポンポンを持つことはないなと思っていましたが、行政書士試験に合格し司法書士補助者時代に、やはりもう一度スタジアムで踊りたくなり、社会人アメリカンフットボールチアリーダーとして現役復帰しました。

平日は行政書士、週末はチアリーダー

「チアリーダー行政書士」として活動していた頃です。

現役チアとして最後のシーズン 2005年

長女の妊娠で現役引退しましたが、2人目(長男)出産後に地域の児童館よりお話をいただいてボランティアで小さなチア教室を開催することになりました。今から10年前2011年のことです。

チアの世界に再び戻る中、大学チア時代の後輩、社会人チア時代の仲間と再会し、一緒にチア活動していくことになります。「関西キッズチアユニット ドリーム☆スターズ」の誕生です。

それぞれ子を持つ母親。それぞれの居住地域で指導する小さなチア教室。
一人では対応できないビックイベント。一人では開催できない大会場での発表会。1チームでは呼んでいただけない大きなスタジアムでのプロチームの試合応援。
みんなで力を合わせたら生徒たちにもっと大きな可能性を広めてあげることができる。
チアリーダーとして心が通いあってる仲間だからこそ成し得る「ユニット」という新たな形態で繋がることにしました。

賛同してくれる仲間が増え、所属キッズチア数も増え、活動エリアも増え、規模がどんどん大きくなってきました。

第一回発表会「ドリフェス!vol.1」

私の考える「チアユニット」の形態は「空港」のようなイメージ。所属チームの目的先はそれぞれ 

地域貢献活動、競技大会での全国出場、イベント出演、チアリーダーとしての本旨であるスポーツ応援活動。目的に応じて週に3回練習しているチームもあれば、生徒のニーズに合わせて月に2回というチームもある。

どれも「チアリーダー」としての形。

競技大会で上位入賞してるから素晴らしいチアリーダーだという概念は私は持っていません。なので「ドリームスターズ」に所属する仲間はお互いの目的を認めて、リスペクトし合う、いいところは情報共有して、悩みも気軽に相談できる。

緩いような強いようなそんな繋がり

目的が同じ時は一緒に「空港」に集まるし、たまには離れて違う地に飛び立っている時もある。羽を休めている時もある。でも「ドリームスターズ」が必要な時はいつでも戻って来れる、そんなプラットフォームです。

神戸まつりパレード出演

アイナック神戸レオネッサオープニングショー出演

規模を大きくしたいと思っていたわけではありませんが、コミュニティの形態として時代のニーズに偶然にもマッチしていたのだと思います。2015年に事業化、そして2018年に法人化し、100人から始めたユニット活動は2020年には650人という連盟に成長していました。

そしてコロナ禍。ドリームスターズでのイベント事業、コミュニティ事業においても、私は「いずれか、また前のように戻れる」といった期待をいつまでも持ち続けることなく、視野を新たに始動することにしました。

いえ、むしろ原点に戻ったと言えるでしょうか。

続きはまた。

日本キッズチア連盟ドリームスターズHP